大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台へ!世界遺産も訪れる大満足の3日間

2015/05/21中国地方コメント(0)

T1505081

 

 

2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台となっているのは山口県萩市です。

吉田松陰とその妹、文の生きた地をドラマ撮影のセットを含め見学できる貴重なツアーがあります。

また、世界遺産を廻ったり、その土地の美味しい味覚を堪能したりと、効率よく周れるのはツアーならでは。

 

今回は、往復新幹線利用で列車の旅も楽しめるツアーをご紹介します。

 

 

吉田松陰とその妹、文が過ごした萩の地へ

 

1日目に宿泊する萩は、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」の舞台となっています。当時の面影が残る武家屋敷が残る町並みを散策したり、松下村塾のある松蔭神社を訪れます。ご利益はもちろん学業成就・合格祈願ですので、学生の人はしっかりお願いしましょう。

 

また、「花燃ゆドラマ館」では、実際に使用された小物やセットがそのまま展示されています。平成28年1月までの期間限定展示なので、大河ドラマファン必見の観光スポッtです。

 

 

安芸の宮島・原爆ドームの2つの世界遺産を巡る

 

T1505082

 

 

どちらも広島県にある世界文化遺産です。

日本三景にも指定されている安芸の宮島は、古来「神の島」とされてきた島です。朱塗りの社殿、海に浮かぶ大鳥居は荘厳な雰囲気に包まれ、パワースポットとしても有名ですね。

また、原爆ドームは「負の遺産」と呼ばれる第二次世界大戦の遺痕です。核兵器が落とされた唯一の被爆国として、この遺産を見ると世界の平和を祈らずにはいられません。

 

 

広島・山口の味覚も楽しみのひとつです

 

T1505083

 

 

このツアーの魅力は見学場所だけではなく、美味しい味覚も盛り沢山なプランになっています。

お宿での夕食はもちろんですが、昼食もお好み焼きに海鮮丼、あなご御膳と想像するだけでお腹が鳴ってしまいそうなラインナップです。

 

特にオススメなのは1日目は広島名物の広島風お好み焼きです。お好み村で好きなお店を選ぶことができるので迷ってしまいそう。鉄板から直接へらを使って食べるお好み焼きは絶品ですよ。ただ、熱いのが苦手な人は、取り皿ももらえるので無理せず火傷に注意してくださいね。

 

 

近畿日本ツーリスト「安芸の宮島・錦帯橋と萩・津和野 3日間

PAGE TOP ↑