紫陽花咲くハウステンボス&世界遺産登録を目指す軍艦島★初夏の長崎紀行

2015/05/08九州コメント(0)

T1505121

 

 

長崎には数多くの観光地が存在します。平和公園やグラバー園、稲佐山の夜景にハウステンボス、軍艦島など、一度には周りきれないほどです。

効率よく観光するにはバスツアーも良いのですが、思う存分見学できないのが難点ですよね。ですが、個人旅行では手配が大変でしょう。

そんな時は、チケット類が全て揃っている個人旅行タイプのツアーが便利です。

 

今回は、6月のハウステンボスや軍艦島、長崎市内を満喫するツアーをご紹介します。

 

 

日本最多800種が咲く紫陽花まつりのハウステンボス

 

T1505122

 

 

長崎県佐世保市にあるハウステンボスは、一年中季節の花が咲く「花の王国」です。

6月は紫陽花の季節ですが、その種類は日本最多の800種類というのですから驚きです。

特に多くの種類が一面に咲く紫陽花ロードは夜になるとライトアップされ、幻想的でロマンチックな雰囲気に包まれます。

 

 

2015年、世界遺産登録を目指す軍艦島を眺める

 

T1505123

 

 

明治から昭和にかけて海底炭鉱によって栄えた軍艦島は、5000人以上が住んでいた当時の建物が残されたままになっている無人島です。

映画のロケ地などで使われている軍艦島は、風化により崩壊の危険も度々報道されています。保存を推進する団体を中心に世界遺産への登録を目指すことになり、その可否が今年の夏に決まります。

少し恐いような雰囲気を持つ軍艦島ですが、当時の繁栄ぶりと時間の流れ、歴史を肌で感じることができる貴重な体験です。

 

 

入場や交通機関のチケットが揃っているので個人旅行でも安心

 

旅行内の移動は自分でする個人旅行スタイルですが、往復の飛行機や電車の乗車券、宿泊、各施設の入場券がセットになっているので安心です。

バスツアーなどと違って、時間は自分の自由に使えるのが嬉しいですよね。

しかも二日目は長崎和牛ステーキの夕食付き!一日目は長崎市内なので夕食場所に困りませんので、長崎の旬の味覚を個人個人に楽しみましょう。

 

 

近畿日本ツーリスト「軍艦島クルーズと花のハウステンボス・長崎 3日間

PAGE TOP ↑