大自然を満喫!花咲き誇る春の八丈島

2015/03/08コメント(0)

T1503091

 

 

東京都には伊豆諸島や小笠原諸島と、多くの島があります。

その中のひとつ、羽田空港から1時間ほどの場所に位置する八丈島は、年間平均気温が18度ほどの常春の島。それでも、3月にはフリージアが一斉に咲き、春の訪れを感じさせてくれます。

 

今回は、南国情緒たっぷりな春の八丈島の見どころをご紹介します。

 

 

春の八丈島はフリージア咲く花の楽園

 

T1503092

 

 

3月中旬から4月上旬にかけて、八丈島では毎年フリージア祭りが開催されます。

フリージアといえば黄色というイメージがありますが、白・ピンク・紫・赤と色とりどりのフリージアが八丈富士をバックに咲き乱れます。その数なんと35万本といいますから驚きです。

鑑賞はもちろん、無料で花摘みを楽しめたり、花遊びのワークショップなどのイベントもありますので大人も子どもも楽しめます。

 

 

トビウオや明日葉など、春の味覚に舌鼓

 

八丈島名産の「くさや」の原料となるトビウオですが、八丈島に春を告げる魚が春トビウオといわれるハマトビウオです。くさやの原料ですが、もちろん新鮮な刺し身でも揚げ物や煮物でも美味しい白身のお魚です。

また、八丈島では年中採れる「明日葉(あしたば)」ですが、春の明日葉は葉が柔らかく、1年のうちで一番美味しいといわれています。お茶などが有名ですが、島ではおひたしや天ぷらなども美味しい春の味覚のひとつです。

 

 

豊かな自然やパワースポットを巡るトレッキングもオススメ

 

T1503093

 

 

爽やかな春の風を受けながら、トレッキングはいかがですか?

八丈富士の火口を巡る「お鉢廻り」や三原山のパワースポット「硫黄沼」などの上級者向けのコースや、市街地付近のヘゴ林や裏見ヶ滝などの気軽に散策を楽しめる場所など、八丈島には自然がいっぱい。八丈島の大自然を体感して、パワーを吸い込んでくださいね。

PAGE TOP ↑