北アルプスで、冬ならではの魅力を感じてみよう!

2015/02/19中部コメント(0)

T1502051

 

 

1年を通して楽しめる、八ヶ岳や軽井沢には何度か行ったことがある人は多いことでしょう。

しかし、今熱い場所は、同じ信州でも飛騨高山です。フランスのミシュラン社観光ガイドブックでも、最高ランク3つ星の評価を受けています。

 

城下町ならではの小京都のような街並みと、豊かな自然がともに楽しめる飛騨高山をぜひ一度訪れてはいかがでしょうか?

 

 

定番スポット、さんまち通り

 

かつては商人で栄えた城下町でもあったこの通りは、今でも駄菓子屋さんや伝統工芸のお店をはじめ、たくさんの店舗が軒を連ねています。

 

中でも人気なのは、名物でもある甘くないみたらし団子や、食べ歩きにはぴったりの飛騨串です。もちろん、歩き疲れたら和風なカフェでまったりというのもおすすめです。

 

 

世界中から集まったクマに会える、奥飛騨クマ牧場

 

T1502052

 

 

人生において、こんなにたくさんのクマに同時に出会えることはないでしょう。世界中から集められた100頭あまりのクマと触れ合える牧場です。

 

ショーを見たり、記念写真を撮ったり、時にはえさをおねだりする様子に癒されたりしながら、クマとの時間を満喫してみてはいかがでしょう。

 

 

日本アルプスに魅了されたウェストンも訪れた、平湯大滝

 

幅6m、落差64mの迫力満点な平湯大滝は、四季折々の演出を見せてくれますが、冬の時期はやはり圧巻の一言です。冬には結氷が見られることから、2月には「結氷まつり」も開催され、氷柱となった滝がライトアップで彩られた様子を撮影するため、プロからアマチュアまでの写真家が集まります。

 

他にも、雪深い地域に欠かせない温泉もあります。温度も低めなので、女性にも入りやすいのが特徴です。東京からは新幹線で約4時間の道のりですが、車窓を眺めながらののんびり旅行にはおすすめの場所です。

PAGE TOP ↑