一足先に春がやってくる!伊豆に春を見つけに行こう

2015/02/04中部コメント(0)

T1502091

 

 

冬の澄んだ空気の中できらめくイルミネーションも素敵ですが、日の出も遅く、咲く花が少ない冬に、少し物足りなさを感じる人もいるのではないでしょうか?

 

春が待ちきれない人に、ぜひ訪れていただきたい場所があります。1年を通して楽しめる伊豆では、2月にはすでに梅や桜、菜の花を楽しむことができます。

車でも電車でも気軽に行ける伊豆まで、週末は足を延ばしてみてはいかがでしょう。

 

 

2か月間楽しめる、熱海梅園梅まつり

 

温泉でも有名な熱海の梅園では、1月半ばから3月まで色々な梅を見ることができます。咲く時期によって、種類や色が異なる梅の花を見られるので、2か月間様々な表情が楽しめます。

 

日曜日と祝日には露天や大道芸などで賑わっているので、旅行気分もばっちり味わえるかもしれません。

 

 

桜と菜の花のコントラストが美しい、みなみの桜と菜の花まつり

 

T1502092

 

 

2月の南伊豆では、早咲きの桜や菜の花が咲き始め、ピンク色と黄色が溢れてきます。また、温泉の白い湯煙も混じり、絵画のような風景が見られます。

 

その限られた季節ならではの風景を楽しむイベントが、毎年開催されます。運が良ければ、菜の花畑での結婚式も見られるかもしれません。

 

 

伊豆最大のイベント、河津桜まつり

 

全国から毎年、20万から30万人が訪れるお祭りが、早咲きの桜で有名な河津町一体で行われる、「河津桜まつり」です。2月から3月の1か月間、毎日イベントが開催されています。

 

伊豆のB級グルメが楽しめたり、夜にはライトアップされた桜のトンネルを歩いたりすることができます。人生で一度は行きたいお祭りと言えるでしょう。

 

家や会社の近くで桜が見られる時期は限られているので、少しでも長くお花見がしたい、と思っている人は、温泉にも入れる伊豆を訪れてはいかがでしょう。

PAGE TOP ↑