1人でも入りやすい!大人な気分になれる東京と京都のbar3選

2014/11/27スポットコメント(0)

T1411221

 

 

ファミレスでもカフェでもなく、仕事帰りにちょっとしっとりとbarでお酒をたしなみたい気分の時があるかもしれません。疲れた時でも優しいマスターは気遣ってくれる、そのようなbarに1人でふらっと寄れたら良いですよね。

 

ただ、実際に素敵なところは敷居が高い印象で、友達とも中々入りづらそうな気がします。今回は、東京と京都にある1人でも入りやすいbarを3つご紹介します。

 

 

こぢんまりとした、お洒落なお店がひしめき合う恵比寿

 

JR線恵比寿駅東口から徒歩3分のところにあるビルに入っているのが「BAR CHI-KYU」です。「地球」をイメージした店内には天然石がところどころに飾られ、地球の内部に足を踏み入れた気分が味わえます。

 

16席しかないお店ですが、関西生まれの気さくなマスターに会いに、幅広い年代の人が訪れます。様々な種類のお酒も美味しいですが、オリジナルの伊勢うどんもおすすめです。

 

 

東京駅近くの本格bar

 

T1411222

 

 

「codename MIXOLOGY」は、東京駅の八重洲口の向かいのビルにあるbarです。オーナーは、会社員を経験した後に、学生時代のバーテンダーのアルバイトの道に戻り、しっかりとイギリスで修行をしてきた本格派です。

 

こちらでは旬のフルーツを使った、たくさんの種類のカクテルを味わえるので、女性でも楽しめます。

 

 

雑誌の表紙のような店内のbarが京都に

 

T1411223

 

 

二条にオープンしたホテルリッツカールトンのそばにあるのが、「Bar K6」です。地元の人にも観光客にも愛されているお店は、45席の広さでbarにしては少々広めな印象があります。

 

入口の左右と正面にカウンターがあり、それぞれ照明の明るさが少しずつ異なっているのが特徴的です。淡い光の中、正面のカウンター奥に並ぶカクテルの瓶の数々は何だか雑誌の表紙を思い起こします。

 

場所自体がブランドになっているbarも良いですが、少しだけおしゃれな気分が味わえるマイカジュアルバーがあると、何だか毎日が楽しくなります。ぜひ自分にとっての、とっておきの場所を見つけてみてくださいね。

PAGE TOP ↑