雰囲気?スリル?子どもから大人まで楽しめる川下り3選

2014/11/09自然コメント(0)

T1411081

 

 

子どもから大人まで楽しめる川下りは、観光地人気のアトラクションです。

日本全国に多くの川下りスポットがありますが、今回は趣の違う3種類の川下りをご紹介します。

スリル満点なものからのんびりと食事を楽しめるものまで、どれがお好みでしょうか?

 

 

スリル満点!日本三大急流の早瀬を行く球磨川下り

 

熊本県の球磨川は、日本三大急流のひとつとして知られています。

そんな急流を楽しむ球磨川下りは、かつて文豪の与謝野鉄幹・晶子夫妻も楽しみ、句を読んだという歴史ある川下りです。

四季折々の美しい自然を楽しみながら五大瀬と呼ばれる大小の早瀬を下るのはスリル満点です。急流が怖い、苦手という人は人吉の街並みや小さな早瀬を楽しむ清流コースもありますのでご安心を。

 

 

京都の名勝「嵐山」まで約2時間の自然を堪能する保津川下り

 

T1411082

 

 

丹波の国「亀岡」から出発する保津川下りは、嵐山までの約16kmにわたり自然と触れ合う約2時間の川下りです。

途中には早瀬や数々の奇岩、川岸を彩る山の景色が広がります。

春の桜、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、古都京都の四季折々を堪能できるオススメの川下りです。冬になると寒さ対策が施されたお座敷暖房船があるので安心ですね。

 

 

日本最後の清流と伝統漁法。四万十川下り

 

T1411083

 

 

高知県を流れる四万十川は、日本最後の清流とよばれる静かな川です。

ほかの川下りにあるような早瀬を行くスリルはありませんが、ドラマのロケなどにも使われる沈下橋(増水時に沈むように作られた橋)や、伝統漁法の投網漁を見学しながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

特にオススメなのは、地元の食材を使った食事をとりながら川下りを楽しむ屋形船です。川エビやウナギ、鮎に青のりなど、季節の味は絶品です。

PAGE TOP ↑