ちょっと知的に!?初めてでも芸術の秋を楽しめる東京の美術館3選

2014/10/17関東コメント(0)

 T1410131

 

 

 

本や映画は好きだけど、美術館に行くなんて学生時代の授業以来・・・という人も少なくないでしょう。ただ、東京にはアクセスも便利で、大人から子どもまで楽しめるようなイベントを開催している美術館がたくさんあります。ランチやショッピングの合間に見られるものもあるので、ぜひ難しく考えず遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

現代と美術を結ぶ、東京都現代美術館は欠かせない

 

江東区にある東京都現代美術館は、約4,700点の収蔵作品と、約100,000冊を揃えた美術図書室を備えています。ファッションから絵画、建築や彫刻まで幅広い種類の開催が特徴的で、現代のアートの流れを演出したイベントや国際的な展示会を中心に行っています。

 

美術教育にも力を入れているので、タイミングが合えばワークショップも体験できるかもしれません。

 

 

展覧会とのタイアップ料理も美味しい、国立新美術館

 

T1410132

 

 

東京メトロ千代田線の乃木坂駅と直結している国立新美術館では、一度は耳にしたことのある画家やアーティストの作品展示が多くあります。また、併設の4つのレストランでは、展示会とタイアップした料理メニューも楽しめるので、作品がより身近に感じられることでしょう。

 

気分に合わせて様々なレストランにも立ち寄ってはいかがでしょうか?

 

 

アクセス抜群、先進的なアート展示にも挑戦する森美術館

 

T1410133

 

 

地下鉄六本木駅直結で行けるのが森美術館です。六本木ヒルズ森タワー53階部分にあり、建物内の展示施設としては日本最高所に位置していると言われています。展示内容もとても幅広く、ファッションや絵画、現代美術はもちろんのこと、アジアやアフリカも含めた世界各国の作品や少々先進的なアートの展示も行われているので、知的好奇心をそそられる出会いがあるかもしれません。

 

 

テレビやネットで手軽に情報が得られる時代ではありますが、やっぱり五感で感じることも大切です。気分転換にもなり、視野も広げてくれる芸術の世界に、この秋一歩足を踏み入れてはいかがでしょうか?

PAGE TOP ↑