マイカーで大海原へ繰り出そう!フェリーでの楽しみ方

2014/09/23ドライブコメント(0)

T1408211

 

 

 

最近は航路がずいぶんと減ってしまいましたが、ファミリーやライダーに人気のカーフェリー。自分の車やバイクで旅行したいけれど、そこまで走っていくのは大変です。多少時間はかかっても、船旅ならのんびり過ごしながら現地へ向かえます。

フェリーにはレストラン・ゲームセンター・大浴場などの設備が整っているものもあり、お子様からお年寄りまで楽しめること間違いなし!夏休みや年末年始などには予約開始後すぐに予約で埋まってしまう航路もあるほど人気の長距離フェリーの航路や楽しみ方をご紹介します。

 

 

 

エンターテイメント満載の人気航路からのんびり過ごす南国への旅まで様々です

 

北の大地、北海道へ向かう長距離航路は名古屋からの太平洋航路も、敦賀からの日本海航路も施設が充実したフェリーでの旅になります。名古屋からは豪華バイキングのレストランがあったり、敦賀からは大海原を眺めながらのジャグジーが楽しめます。他にもショーやカラオケ、ゲームセンターに映画館など長い船旅も飽きることなく過ごせるでしょう。

一方、有明から那覇へは日本一長い1743kmの航路で、まるまる3日かけて沖縄へ向かいます。船の設備はレストランや自販機、シャワーなどの基本的なものだけですが、乗船客も少なく、南国のアットホームな雰囲気で船旅を楽しめる航路です。車やバイクを運びながらのんびりゆっくり船旅を楽しみたい方にはオススメです。

 

 

 

波の出る大浴場!?酔いやすい方は注意です。

 

T1408212

 

 

大浴場があるフェリーに乗船した際は、ぜひ入ってみてください。波の度合いにもよりますが、船の揺れで自然に波の出る大浴場になっています。

入っていると、あっちへゆらゆら、こっちへゆらゆら…楽しいのですが、船酔いしやすい方ならあまり長湯はオススメできません。

 

 

 

滅多に見られない満天の星空は必見です!

 

T1408213

 

 

長距離フェリーになると、1泊や2泊を船で過ごすことになります。曇天や雨の日は見えませんが、晴れた日の夜はデッキに出て空を見上げてください。

大海原を走る船の周りには余計な光がありません。そのおかげで、見渡すかぎりの満天の星空を見ることができます。時期によっては流星群や天の川もくっきり。都会や住宅地では滅多に見られない星空を堪能できますよ。

PAGE TOP ↑