【わたしの旅】藤子・F・不二雄ワールドにドップリ浸って一日を過ごす!

2014/08/20【読者投稿】わたしの旅コメント(0)

T1409131

 

 

 

 

神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました!誰もが「楽しかった!」と口を揃えて笑顔になるミュージアムってどんな所なのでしょうか?

そこはドラえもんの漫画を全巻持っているコアなファンから、アニメしか見たことのないお子様まで、みんながワクワクするSF(すこしふしぎ?!)ワールドでした!

 

 

 

最寄り駅を降りたところからワクワクをかき立てるお出迎え

 

最寄り駅はJR登戸駅です。登戸駅にもドラえもんのミニ銅像がありますよ!そこから直通のバスが出ているのですが、なんとドラえもんやコロ助などが描かれたラッピングバスでの移動なのです!バスの中にある押ボタンもパーマンの顔でテンションが上がります!

 

 

 

見どころが多すぎ!?大人も時間を忘れて童心に帰ろう

 

T1409132

 

 

見どころが多すぎて説明しきれませんが、今回はオススメの人気スポットを紹介します。

まずは、ファンなら思わず笑ってしまう「きれいなジャイアン」は、ハンドルを押すと泉の中からジャイアンが出てくるという仕掛けがポイントです。

屋上には、いつもみんなが遊んでいる場所でお馴染みの「土管のあるはらっぱ」そして、「どこでもドア」映画のび太と恐竜に出てきた「ピー助」などがいます。

よく見ると「あんなところに!」という発見もたくさんあって、みんなで盛り上がりますよ。

 

 

 

カフェのメニューが楽しすぎる!

 

T1409133

 

 

ミュージアム内のカフェは人気なので、早めに整理券を取っておくのがポイントです。

メニューはジャイアンのカツ丼やドラえもんのドリア、ウソ800のハーブティーなど、ファンの心をくすぐるメニューがたくさんあります。

 

その他にも漫画を読めるスペースやシアターなどもあり、1日楽しめます。ちなみに今回は6時間も滞在してしまいました!

「時間が足りなかった!」とならないように、余裕を持っていくことをオススメします!

PAGE TOP ↑