海の幸の宝庫!岩手県三陸沿岸エリアで絶品グルメを楽しもう!

2014/07/30北海道・東北コメント(0)

T1407241

 

 

 

岩手県の三陸沿岸エリアは、リアス式海岸の絶景と、新鮮な海の幸が味わえる人気の観光地です。ここではそんな三陸の海の幸を存分に楽しめる、おすすめのお店をご紹介します。

 

 

地場食材レストラン山海里(久慈)

 

三陸を訪れたからには、必ず味わいたいグルメのひとつが海鮮丼です。道の駅くじの中にある「地場食材レストラン山海里」では、地元三陸産の海の幸をふんだんに使った絶品海鮮丼を味わうことができます。
なかでもおすすめは、大きなボタンエビやあわび、ウニやいくらが堪能できる「海女丼」です。なんとも贅沢な海女丼には、さらにウニとホタテが入った二宝汁がセットになっているので、思う存分三陸の海の幸を楽しめます。こちらの海女丼は一日数量限定ですが、予約をしておけば、一日の限定数量を越えても対応できるそうですので、ぜひ事前に人数分の予約を入れて、絶品「海女丼」を味わってみてくださいね。

 

 


魚彩亭すみよし(宮古)

 

T1407242

 

 

ウニ好きの人に、ぜひとも訪れていただきたいのが、宮古駅前にある「魚彩亭すみよし」です。こちらで味わえる三陸産のウニをふんだんに盛り付けた「三陸産生うに丼」は、ウニ好きにはたまらない一品。下のご飯が見えないほどたっぷりと乗せられた三陸産のウニには、濃厚なコクと甘みがあり、今まで食べていたウニとは比べものにならない新鮮な味わいを楽しむことができますよ。三陸産のウニは夏が旬ですので、ぜひその時期に宮古を訪れてみてください。

 

 


三陸山田かき小屋

 

T1407243

 

 

山田湾の海沿いにある三陸山田かき小屋では、例年10月下旬頃から5月上旬頃の期間限定で、蒸し焼きのカキを食べ放題で楽しむことができます。殻付きカキ生産量日本一を誇る山田町のカキは、蒸し焼きにすると身がプリプリとして味が濃く、カキ本来の旨味が強いため他の味付けがいらないほど。

たくさんの殻付きカキを、ザザッとスコップで鉄板にサーブされるスタイルは、少々大胆な印象ではありますが、都会のおしゃれなオイスターバーでいただくカキとは一味違う、素材の旨味を味わうことができます。

PAGE TOP ↑